医系をめざす女子生徒のための座談会

 昨年に続き、現役の女性医師である大阪医科大学病院の西本聡美先生、高槻病院の岩渕瀬怜奈先生をお招きしてお話を聞くことができました。今年はZoomによるリモート座談会でした。高校の勉強、SSH全国大会の経験、大学の勉強、国家試験などの話や、結婚、出産など女性医師のライフサイクルなども話題になりました。小児科の先生は子供のためにPHSにマスコットキャラクターをつけておられたりして生徒たちも非常に親近感がわきました。終了後も残った生徒と女子トークで盛り上がりました。

生徒の感想より
  • 研修生としての最初の2年間は色々な科を試すことができると知り、驚きました。
  • 医師になった方々は口をそろえて「日々の勉強をコツコツとすれば良い」とおっしゃるので、改めて勉強の積み重ねの大事さを再認識し、日々励んでいこうという気持ちになりました。
  • 岩渕先生に緊急の仕事の電話が入り、zoomを一旦抜けるという場面がありましたが、患者の命を守る医師という仕事をリアルに体験できたので良かったです。
  • 講演を聞き、白衣姿や手術をしている姿などを見て、改めて女医さんはかっこ良すぎるなと思いました。
  • どんなことがあっても真っ直ぐに人の命を助けようとする姿、それに向けて努力していらっしゃる姿勢には、すごく感動しました。今回の話を参考に今自分にできることを考え、夢に向かって突き進んで行ければいいなと思います。本当に今日の講演会自分にとってすごく意味のあるものでした。今日は本当にありがとうございました。
  • 的確なアドバイスをくださり、かつ、現場の様子、勉強、大学生活など赤裸々に語ってくださり、貴重な本当の話をきくことができ、ためになりました。
  • 自分が本当に好きな職業をされているからこそ実感のこもったお話で、改めて、医師になりたいと思えました。
  • 今日の講演で視野が広がりました。ありがとうございました。