自ら問いを立て、先端サイエンスの最前線へ

自らテーマを決めて研究する探究学習にも注力。スクールミッションに基づき、先端サイエンスのさらに最前線を走る、次世代の理系リーダーの素養を身につけます。

理数探究

本校の理系教育における特徴は、〈理数探究〉をベースに展開する学びです。自らの興味関心に基づいてテーマを設定し、その謎を解き明かすべく授業の中で試行錯誤を重ねて研究(探究学習)します。〈理数探究〉は高校の学習指導要領改訂に伴い導入されたもので、数学的・理科的見地や考え方を通して課題解決に応用する学び。さらに本校では、その前段となる〈理数探究基礎〉をGSコースの中3次に設定し、先取りで実践しています。

真の理数教養とは、単に公式や化学式を暗記するだけで終わりではありません。その教養を「どう活かすか」を意識しながら、自らの研究・探究で社会をより良いものに変える、意欲的な理系リーダー人材となることを期待します。大阪医科薬科大学をはじめとする多くの大学や研究機関とも連携するなど、バックアップ環境も充実しています。

多くの大学・外部研究機関との連携

同一法人である大阪医科薬科大学のほか、大阪工業大学、RHESE(研究実験施設・環境安全教育研究会)など、専門性の高い外部組織と連携。最新の設備や機器を用いた研究、チューターによるバックアップ、各種学会での発表など、中学・高校だけではなかなか経験できない先端サイエンスの舞台に触れることができます。

長期の研究を可能にするカリキュラム

本格的な理数探究が始まるのは、コース選択後の中3以降。最低でも1年かけて行います。2年目以降はさらに深めるのも良し、新たな研究対象を見つけて挑むのも良し。長期にわたる研究(探究)活動が可能です。そのために、中3で週1時間(基礎定着)、高1・高2で週2時間(研究を実践)、高3で週1時間(まとめと発表)の段階的カリキュラムで、豊富な研究時間を確保しています。

豊富な実験・実習環境

「学んだら、実際にやってみる」。この考えを大切に、座学と実験の比率を概ね1:1に近づけようと、中1から授業内で多くの理科実験を行います。生物部、電気物理研究部など、部活動における実験活動も盛んです。また、プログラミング学習を含む、情報系科目にも注力。さらに、各種実験教室が並ぶScience Streetなど、施設面も充実しています。

過去の課題研究テーマの一例

  • 防音材の厚みと音量の減少率の関係(高1、物理)
  • 2台のメトロノームの距離と同期現象の関係(高2、物理)
  • 酸性雨によって起こるコンクリート(塩基性)の劣化防止(高1、化学)
  • 食品の残存水分量と菌繁殖の関係(高2、化学)
  • 音が植物の生長にもたらす効果とその利用(高1、生物)
  • ドクダミによる発芽抑制(高2、生物)
  • ハザードマップを用いた災害アプリの作成(高1、情報)
  • 災害現場における状況確認支援用小型探査機の開発(高2、情報)

SSセミナー

通常の教科学習で学ぶ内容を掘り下げ、専門家からさらに踏み込んだ深い教養を得られる特別セミナー。全コース・全学年の生徒を対象に、年間を通してさまざまなテーマで開講されます。生徒の課題研究テーマに照らして、その道の専門家を講師にお招きすることもあり、参加は任意ながら毎回多くの生徒が熱心に聴講しています。

データサイエンス講座

世界には、「多くの人が根拠なくそう思い込んでいるけれど事実とは異なる」ことや、「一見、まったく関係なさそうな複数の要素が、実は関連性を持っている」ことがたくさんあります。そのことに誰も気づかないまま、いまだ埋もれたままの真実を見つけ出せたら楽しいと思いませんか? データサイエンス講座は、そんな力を鍛える特別講座です。

大阪医科薬科大学医療統計室・伊藤ゆり准教授のご指導のもと、先入観にとらわれず客観的な解を導き出す思考力を育てましょう。ファクトフルネス(データや事実に基づいて、世界を正しく読み解こうとする習慣)の考え方を身につけます。複数のデータから関連性を導き出せる専用サイト「Gap Minder」を用いて、複数の臨床データから関係性を導き出し、効果的な医療処置などに迫ります。「平均所得と平均寿命に相関性はあるのか」など、仮説を立ててデータをひもとく学びは、きっと「知る」「発見する」喜びを教えてくれるはずです。