常に未来を見つめる学校づくりの伝統が受け継がれています

本校は、藤堂献三元理事長(元大阪医科大学理事長)が高槻地域の父母の強い教育要望に応えて有志と相はかり、多数の方々の協力を得て、昭和15年10月現在地に創設した高槻中学校にはじまります。

昭和23年の学制改革後は、高槻高等学校と高槻中学校を併設して、大学進学をめざした中高一貫の教育を忠実に実践し、教育効果の向上を図ってきました。

昭和15年
(1940)
10月16日 創立
昭和16年
(1941)
高槻中学校〔旧制〕開校
昭和23年
(1948)
学制改革により高槻中学校、高槻高等学校となる
昭和59年
(1984)
体育館、武道館・生徒食堂 新築
昭和60年
(1985)
体育クラブ部室棟 新築
平成12年
(2000)
中学校校舎新築(創立60周年)
平成19年
(2007)
運動場を拡張
平成22年
(2010)
校歌制定(創立70周年)
平成26年
(2014)
学校法人大阪医科大学と法人合併
SSH(スーパーサイエンスハイスクール)指定
3コース制(GL/GS/GA)の導入
平成28年
(2016)
学校法人大阪薬科大学と合併し学校法人大阪医科薬科大学となる
SGH(スーパーグローバルハイスクール)指定
テニスコート2面完成
多目的アリーナ竣工
平成29年
(2017)
男女共学化
南館 竣工
平成30年
(2018)
図書館、講堂、アクティブラーニングコモンズ 竣工
令和元年
(2019)
SSH第2期指定
令和2年
(2020)
新本館竣工予定(創立80周年)