日本の中学校・高等学校で初 Better Learning Partner に認定

2021年度から中学校の学習指導要領が改訂され、英語学習のレベルが格段に高くなりました。さらにその先へ行くのが、本校が採用する「ケンブリッジ英語」のカリキュラムです。ケンブリッジ英語は、英語教育のグローバル・スタンダード。イギリスの名門・ケンブリッジ大学が英語教育の世界的エキスパートらとカリキュラムを研究・作成し、編纂したテキストを使用します。最大の特長は、母国語(日本語)を介さずに英語を学ぶこと。「英語で英語を学ぶ」と表現してもよいかもしれません。この非常にハイレベルかつ優れた英語カリキュラムと教材を導入。中1から高2までのすべての英語授業に適用し、その他のカリキュラムとも連動させながら、本校の英語教育の基盤としています。

本校におけるケンブリッジ英語の特長

世界基準に即した英語教育

ケンブリッジ英語の教育カリキュラムの強みは、それが「世界基準」として広く認知されていること。世界でその品質が認められた優れた歴史あるプログラムで、主にヨーロッパ圏の非英語圏の国を中心に、広く運用されています。また、その成果を測る「ケンブリッジ英検」も世界基準。各国の大学や企業において英語力証明の評価に用いられており、本校生徒たちもその取得を目指します。

徹底したアウトプットベース

従来の英語学習がインプット重視だとすると、ケンブリッジ英語は徹底してアウトプット(=使うこと)を重視します。原則として授業中に日本語は使用しません。単語もそれ単体で暗記するのではなく、文章化されたシチュエーションやリスニングを介して学びます。その中では知らない単語も多数出てきますが、文脈から意味を推理するなど常に「考えさせる」仕組みが作られています。

「高槻モデル」へのカスタマイズ

本校は、教科書発行元である「ケンブリッジ・ユニバーシティ・プレス」の厳しい基準を満たした「Better Learning Partner」に日本の中学・高校で初めて認定。本校が従来持っている教育環境・制度と組み合わせてカリキュラムへの落とし込み、カスタマイズが可能になりました。また、ケンブリッジ側のトレーナーによる定期的なサポートによる授業作成を行っています。

英語4技能をバランスよく伸ばす

英語「運用」能力を高めるには、「聞く・話す・読む・書く」の4技能をバランスよく伸ばすことが欠かせません。本校では、ケンブリッジ英語以外にも多くの取り組みを実施し、ときにはケンブリッジ英語と連動させながら、英語を「使う」力を身につけていきます。

ベルリッツ

ベルリッツは、プロのネイティブ講師による超実践型の英会話プログラムです。本校では「ケンブリッジ英語」と連動させた独自の内容で運用しています。単なる「英会話」にとどまらず、思考力トレーニングや多様性理解の概念も取り入れており、英語でスピーチや討論ができるレベルを目指します。

英語道場

ベルリッツから講師派遣を受け、日本語禁止で一日中英語漬けとなるコミュニケーションプログラム。体調不良時、道案内などさまざまなシチュエーションを設定して、楽しみながら英語運用に挑戦します。少人数チームで行動するため、一人ひとりの発話やアクションの機会が豊富なこともポイントです。

4技能を高める取り組み

  • 週5時間の英語授業【中1,中2,中3】
  • 週2時間の英会話(ベルリッツ)と週1時間の多読【中1,中2】
  • 週2時間のオンライン英会話と週1時間のオンライン多読【中3】
  • 英語系検定の対策講習
  • 海外フィールドワーク、海外研修プログラム

グローバル教育の主な取り組み

第4期 アジア高校生架け橋プロジェクト 留学生 来る
第7期 スタンフォード大学オンライン講座 始まる
「Minerva Japan Caravan 2021」に本校生徒20名参加
第6期 スタンフォード大学オンライン講座 終了
第3期 アジア高校生架け橋プロジェクト 留学生送別会
さくらサイエンスプログラム交流会支援事業「台中一中オンライン交流会」