Global Science Course-

SSH事業と高大連携を核に、高次の実践型理系教育

SSH事業の中核をなす、ハイレベルな理系コースです。科学的好奇心をフル稼働させて自らテーマを設定し、課題研究に取り組みます。本校と同一法人にある大阪医科大学・大阪薬科大学が持つ、最先端リソースを活かした連携、多彩なフィールドワーク、外部コンテスト等への積極参加、学会での発表……多数の心躍るステージが待っています。海外研修など、世界を舞台にした探究活動が豊富なことも当コースならでは。グローバルな座標を持った、視野の広い理系人材を育てます。

指導の特長

グローバルな視野に根ざした、高度な理系知識

最先端科学に触れる

大阪医科大学・大阪薬科大学と連携し、現役医師や第一線の研究者からレクチャーを受けられるほか、最新の設備環境を用いて学ぶことができます。

世界を視野にした探究

世界を視野にした、グローバルな探究が可能です。SSH事業による課題研究や科学英語の学習のほか、海外での研修・サイエンスキャンプにも参加できます。

発信力の向上

学会や課題研究発表会に参加し、校外へ積極的に研究成果を発信します。そのステージは国内にとどまらず、海外での発表にも挑んでいます。

本校のSSH事業

本校は、2014年度からの5年間に引き続き、2019年度から5年間、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定(第2期)を受けています。第2期の研究開発課題として「データサイエンスの素養を持ちグローバルマインドセットを備えた生命科学系リーダー育成」を掲げています。

SSH事業の実践においては、GSコースが中心となって、同一法人内の医科大学・薬科大学との一体的な高大連携の推進により、課題研究等のプログラムを通じて、生徒にこれからの複雑な時代を生き抜くために必要な、創造性、課題解決力、ICTリテラシー、コミュニケーション力、協働的態度を持たせることによって、将来Society5.0科学技術系人材として活躍し、生命科学イノベーションを推進するリーダーを育成するための教育システムを開発することを目的としています。

※SSH事業は、将来の国際的な科学技術人材の育成を目指し、先進的な理数系教育に重点を置いたカリキュラム開発を行う事業です。詳しくは国立研究開発法人科学技術振興機構のwebサイトをご覧ください。

学校としての目標

  1. ライフイノベーションを推進する生命科学系リーダーを育成する
  2. データサイエンスの素養を持つ科学技術系人材を育成する
  3. 世界で活躍できる真に国際性を備えた科学系人材を育成する

本校SSH事業の取組

主な取組を紹介します。GSコース生だけでなく、他コース生も対象となるものもあります。

  • 学校設定科目の設置
    〈SS生命科学Ⅰ〉〈SS生命科学Ⅱ〉〈SS地球科学〉〈SS科学倫理〉〈SS情報科学〉〈SS科学英語〉〈理科探究基礎〉
  • 卒業論文作成(中3)
  • 大阪医科大学・大阪薬科大学との高大連携事業の実施(高大接続課題実習、Summer Science Program、医学部実習、最先端医学講座、基礎医学講座、基礎薬学講座、SSセミナー、他)
  • 大阪医科大学・大阪薬科大学以外の大学・研究所との高大連携事業の実施 (京都大学ビッグデータ科学講座特別授業、SSセミナー、サイエンスキャンプ、他)
  • 科学技術コンテスト等への参加、科学系クラブの振興
  • 外部イベントでの研究成果発表、Global Science Forum主催
  • 海外研修の実施、他

本校SSH事業の企画における連携先

大阪医科大学、大阪薬科大学、京都大学、大阪工業大学、京都工芸繊維大学、大阪大学、大阪市立大学、JT生命誌研究館、他(順不同)