主体性と志を大切にする、進路サポート

最難関と呼ばれる大学に進むのは、もちろん素晴らしいことです。しかし大前提として、本校では何より生徒自身の「この大学で、こんなことを学びたい」という志ありきの進路サポートを大切にしています。進路選択は時に”指導”も必要ですが、本来は自分で決め、切り拓くもの。進路指導室を、指導室ではなく「進路情報室」と称しているのもその表れです。まずはあなたがどんな志を抱いているのか。何のために学び、なぜその大学を選ぶのか。そこから始まる進路選択を、全力でバックアップします。

大学合格実績

大学合格状況を掲載しています。

詳しく見る

進路サポート行事・イベント

(いずれも2020年度の実績です)

選択式進路講演会(中3)

さまざまな業界からお招きした、7人の講師による講演会。興味のある分野を選んで講義を受けます。2020年度はマスコミ、法学、医学、化学、植物学、農業政策、昆虫生態学の専門家にお越しいただきました。

進路シンポジウム(高1)

若手社会人として活躍中の卒業生を招いて行うシンポジウム。本校在学中から現在に至るまでをふまえた、先輩の経験談から学びましょう。文理選択や科目選択に必要な考え方など、具体的な質疑応答も飛び交います。

学習委員

各クラスから選ばれた「学習委員」は、生徒たちの学習コーディネーター。効果的な学習方法を取りまとめて発表したり、友達のレポートの評価を行ったりします。生徒たちが協力して自ら学ぶのが高槻生です。

学力向上のための取り組み

学期中講習

学期中の放課後を利用して、希望者を対象に開講。応用編の学びや入試を見据えた講座など、発展的で実用的な学習を提供しています。

集中補習

中学では、長期休暇中に3~4日間の短期集中型補習を実施。学期ごとの積み残しを作らないよう、丁寧で細やかなフォローを重視します。

夏期講習

夏期休暇を利用した、希望制の特訓講座群です。任意参加ではありますが、ほぼ全生徒が自らに必要だと思うものを選んで受講しています。

AA講座

本校教員と情報連携した外部講師が実施する、希望者向けの放課後校内予備校。基礎の学び直し、発展・応用など、現状の学力や目的に応じて受講できます。

卒業生人材バンク

本校の進路サポートにおける大きな強みの一つが、脈々と受け継がれてきた先輩・後輩のつながりの強さ。それを活かして設立しているのが「卒業生人材バンク」です。本校卒業生有志が登録しており、講演、シンポジウム、自習のサポートなどを通じて、後輩たちの進路選択から受験勉強まで強力にバックアップします。

また、同じ高槻生として学年を超えた仲間意識は在学中から非常に強く、本館3階の「コミュニティスクエア」では、ともに自習しながら上級生が下級生の勉強を見てあげる光景も珍しくありません。先輩は後輩のために協力しよう、後輩は先輩を見習おうという文化が根付いているのです。

ようこそ先輩

中学1年・2年を対象とした課外授業。社会の第一線で活躍する卒業生を招いて、現在の仕事や志、大学受験の勉強法、中学・高校生活の過ごし方など、実体験をもとにした講演を行います。先輩たちはいかにして、どんな意識で高槻での中学・高校時代を過ごしたのでしょうか。自らの進路選択、学びに向かう姿勢について考える絶好の機会です。

自習室チューター

新校舎完成にともなって新しくなった自習室に、卒業生人材バンクから大学生の「自習室チューター」を配置しています。チューターは自習室の運営管理を担いつつ、質問に答えたり、アドバイスしたり、ときには相談に乗ったりなど、自習に励む生徒たちをサポート。先輩を大いに活用し、自習の成果をさらに上げていきましょう。

学習合宿

兵庫県の「ユニトピアささやま」に泊まり込みで行う、中学3年夏休み恒例の学習合宿。習熟度別クラスで、英語と数学を中心に総20時間以上の勉強に取り組みます。このハードな3泊4日に、卒業生人材バンクから大学生のチューターも参加。かつての自分たちを後輩の姿に重ねながら、熱心に学習指導や講演などを行ってくれます。