京都大学 学びコーディネーター事業による出前授業

9月26日(木)の放課後に、京都大学が高大接続・高大連携活動の一環として全国的に展開している学びコーディネーター事業を利用し、高校生対象の出前授業を実施しました。「1人で決める?みんなで決める?―「民主主義」を哲学的に考えてみよう」というテーマで、京都大学大学院 法学研究科の高橋侑生氏に講演いただきました。生徒たちは終始熱心に話を聞いており、本物の学問に触れることができ大変満足していました。興味を持って挑んだ生徒ばかりで事前にいろいろなことを調べており、講演後にたくさん質問をしていました。