「グローバルヘルス特別セミナー」を開催

ロンドン大学衛生熱帯医学大学院よりピーター・ピオット博士(学長)、ハイディー・ラーソン博士、京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻社会疫学分野より木原正博博士、木原雅子博士、ティラニー・テイシャシーウィチエン博士をゲスト講師にお招きして、本校アリーナにおいて「グローバルヘルス特別セミナー」を開催しました。GAコースに所属する中3・高1・高2の130名の生徒が参加しました。

セミナーは、まず高校2年によるゲスト紹介と、木原正博教授のご挨拶で始まり、つづいて「日本の中高生へのグローバルヘルスの誘い」と題してピーター・ピオット博士にご講演をいただきました。その後は、高2の二班による課題研究発表(英語)があり、各先生から貴重なコメントを頂戴することができました。この特別セミナーは、ポスター作りから会場の設営・司会進行などのすべての役割を、高校2年1組の生徒が主体となって実施しました。

プログラム

  1. 開会
  2. Peter Piot博士 基調講演
  3. 生徒発表(高校2年生)
  4. ゲスト講師によるコメント
  5. Thank-you speech 閉会の言葉(学校長)