SSセミナー「京都大学 アイデアが湧いてくる講義」

  • 2022年6月14日(火)16:40~17:40
  • 京都大学化学研究所生体機能化学研究系ケミカルバイオロジー専攻 教授 上杉志成 先生

上杉先生は、アメリカのテキサスで長年大学教員として、ケミカルバイオロジーの教育と研究をしてこられました。その体験なども含め、中高生をやる気にさせてくれるお話をしていただきました。

「京大行きたい!」という感想を書いた生徒も出ました。

もし、聞き逃した方で内容を知りたいという方は、是非、先生の著書「京都大学 アイデアが湧いてくる講義」(祥伝社)をお読みください。実は、上杉先生に講演をお願いしたのは、この本を読んで感銘を受けたからです。

受講生徒の感想

中2
  • 海外でのエピソードが凄く興味深かったです。私も勉強を頑張って自由な研究をしたいと思いました。大学ではいろんなことができて楽しそうでした。
  • 先生の体験談をもとに話してくださったのでとても面白かったです。気がつけば引きこまれていました。
中3
  • とても興味深い講義でした。具体的な研究の仕方などの簡単な説明もしていただいたおかげで、今まで見えなかったビジョンが見えるようになってきた気がします。これからは自分のしたいことを探し、苦手をチャンスに変えていけるようになりたいと思いました。教育と学びの違いはかなり面白かったです。
  • 雑談もプレゼンも面白かったです。Fatastatinを見つけたことで、ここまで肝臓が変わるのはびっくりしました。写真が見やすくて分かりやすかったです。
  • 人を説得する方法として「客観性」も重要だなと感じた。化学は“苦手”という意識を持っていたので、今まであまり知ろうとしたことはなかったけど、今日の話を聞いて、少し興味を持った。
  • 苦手な教科を克服することは人生の幅もひろがるので頑張りたいと思いました。とてもおもしろかったし、これからの私の人生にもとても良い影響があるような講義でした。
  • 実験、研究をするにあたって、何を大切にしたらいいのか、経験が浅いので分かりませんでしたが、できるだけ多くの人に納得してもらえるように、結果を発表するようにしたいと思いました。自分が何を研究したいか、どうすれば結果が得られるかを発見するためにも、普段からさまざまな視点で見方を変えて考えるようにしたいです。また、自分が苦手な分野に少しでも目を向けるようにしていきたいです。
  • 本日は素晴らしい講演、ありがとうございました。私はこの講義を受けるまで、サイエンス=理科だと思っていましたが、サイエンスは全ての力を使うものだと知って驚きました。私にも苦手な教科はありますが、自分の人生の幅を広げるためにも、克服できるように頑張りたいと思いました。また、恥ずかしがらずに、先生にあてられたときに答えられるようになりたいです。
  • 講演ありがとうございました。研究にたずさわる仕事についてみるのもいいなと思うことができました。生物に以前より興味を持つことができました。
  • 普段は生物(動物)の講座ばかり受けていたのですが、今日の講演を聞いて、他のものも受けてみようと思いました。また、話がとても分かりやすくて、自ら非常に興味を持って聞けました。特に、この講演を聞いて、自分がプレゼンをするときには、説明通り、ある程度詳しく話したり、実話を入れて話すことが大切なんだなぁと実感しました。
高1
  • とても面白い講義でした。科学についてさらに深められました。また、研究や学びについてのお話もためになるものでした。先生のお話で、勉強のモチベーションも上がりました。私は好きな俳優さんがてんかんの発作で亡くなったため、研究したいなと思っていました。その点を含め、とてもハッとさせられました。素敵な講義をありがとうございました。
  • 今までとは変わった楽しいSSセミナーでした。先生と出会えて良かったです!! 先生のおかげで勉強への意欲が今までのものとは完全に変わりました。またご縁があれば高槻でSSセミナーをしてほしいです。ありがとうございました。
  • すごく面白くて楽しい講義でした。京大に入れるように頑張ります!!
  • サイエンスとは何なのか、科学と何が違うのかということから説明があり、とても納得しました。先生が高校の時英語が苦手だったのに、京大に入ってアメリカに行くことができるくらいになったことを知り、驚きました。サイエンスとは何かという話から生物と化学の関係、教育と学びの違いなど、色々な話題のことを聞くことができて楽しかったです。ありがとうございました。
  • とてもおもしろい講演でした! 私は嫌いな教科をいつも避けていました。「嫌いなものにチャンスがある」ということを学んだので、避けずに行こうと思います。本当にありがとうございました。
  • 教授のストーリーをふまえつつ、話をしていただいたので内容がすごく分かりやすくて面白かったです。がんばって苦手科目を克服して、京大に入ります!!(古典漢文がんばります...)
  • 京大行きます!!
  • 新しく知ることが多くて楽しかったです。先生の体験談が面白く、飽きずに聞けました。私は今課題研究の実験方法を決めている最中なので、今日聞いたお話を思い出しながら研究の良いアイデアを湧かせられるように頑張ります。ありがとうございました。
  • 今、私は研究職と科学の教員で迷っているのですが、どっちを目指すにも参考になりそうなとても面白い講義でした。教授の貴重な経験話を聞いて、大学への興味と研究職への興味が大きくなりました。今日の講義を将来に役立てたいと思います。
高2
  • 好きなものを極めるのではなくて、嫌いなものにはチャンスがあるというのが新しい発見だった。化合物ライブラリーを見てみたいと思った。
  • 苦手科目を克服すること、嫌いなものにチャンスがあると聞いて、自分があまり理解できないことには研究する種があると聞いてなるほどなと感じた。課題研究に今回聞いた内容を是非活かしたいと思いました。
  • 本日は素晴らしい講演をしていただきありがとうございました。自分では教育と学びの違いを認識していなかったので、自己実現には学びが必要だということは新しい視点でした。日常でも能動的な態度で生活するようにしたいです。