高1 GLコース・立命館大学経営学部との高大連携事業「アントレプレナーシップ講座」第2回

10月15日(金)の放課後、立命館大学大阪いばらきキャンパスで「アントレプレナーシップ講座」(第2回)がありました。今回は「起業家の考え方、リン・スタートアップとデザインシンキング、アイデアピッチ」というテーマで講義がありました。

まず初めに、一人ずつ、「私は誰なのか」というテーマで1分間のピッチを行いました。どこにチャンスがあるかわかりませんが、それを最大限生かすことが重要で、その為に自己アピールをすることは海外では当たり前のことだそうです。また、企業家の考え方として、手中の鳥の原則、許容可能な損失の原則、クレイジーキルトの原則、レモネードの原則、飛行機の中のパイロットの原則などを教わり、実際にアイデアを形に変える進め方としてデザインシンキングについても学びました。これらは、今後の高校生活でも活かすことができるとイメージできたようで、生徒にとってとても満足度の高い講義だったようです。