高校1年「進路シンポジウム」

 6月19日土曜日の3、4限目の時間に、本校高校1年生を対象とした進路シンポジウムが行われました。これは本校の卒業生で現在、学生や社会人として活躍されている方をお招きし、仕事や大学時代の活動、高槻中高時代の進路選択でどのようなことに悩み・どう乗り越えたか、また高校時代にすべきだったことなどについて、生の声として先輩OBからその豊富な経験を語ってもらう講演会です。

 シンポジウムはパネルディスカッションの形式で行い、パネラーとなった卒業生に教員が質問をしながら進行しました。会場からは知らなかったことを教えてもらった時のどよめきや高校、大学時代のエピソードに生徒たちの笑顔がこぼれ、質疑応答では時間が足りないぐらいの熱量を感じました。大変充実した2時間となりました。4名の講師の方には心から感謝申し上げます。

【講師の方々】
  • 露峰 佑太さん(67期、京都大学卒、関西電力)
  • 児堂 友士朗さん(68期、大阪大学卒、日本総研)
  • 原田 修さん(68期、大阪大学卒、朝日放送テレビ)
  • 倉場 康太さん(72期、京都大学在籍)