SSセミナー「化学の言葉で紡ぐ生命現象への誘い」

 2020年10月2日放課後、大阪大学大学院基礎工学研究科物質創成専攻機能化学講座 山元淳平准教授によるSSセミナーが実施されました。テーマは「化学の言葉で紡ぐ生命現象への誘い」でした。

 まず、「化学とは何か」というとてもシンプルな疑問を生徒に投げかけました。日常生活には至るところに化学反応や化学物質が存在していますが、その反応は小さな原子というミクロなレベルなので、原子の話から始まりました。

 次に人体に関する化学反応に関して、タンパク質を作っているアミノ酸の制御、DNAの構造とその働きを詳しく説明していただき、コロナウイルスのPCR検査(ポリメラーゼ連鎖反応)の仕組みもわかりやすくお話していただきました。また、DNAと抗がん剤の関係まで、化学を通した生命現象を伝えていただきました。

 最後に、探究活動をする心得も話していただき、充実した時間を過ごすことができました。