高1GAコース「台湾研修」

研修の目的

  • 延平高級中学校との学校交流 ~同世代の高校生との交流からコミュニケーション力を磨く
  • 課題研究のプレゼンテーション発表 ~3年間の課題研究の中間発表を英語で行う
  • 国立台湾大学公衆衛生学院、台北医学大学訪問 ~台湾の公衆衛生事情を学び、グローバルヘルスに関する学習を深める
  • 海外で活躍する企業の訪問 ~世界を舞台に働くことはどういうものか最前線で学ぶ

2月25日(月)

午前7時20分関西国際空港に集合、午後、台北桃園空港到着後、台湾富士ゼロックス株式会社を訪問し、企業研修を行いました。夜は、JTB台湾の林田充社長をお招きして「台日友好の基盤と歴史~台湾の日本への深い愛」と題した講演を聴講しました。

2月26日(火)

午前、私立延平高級中学校を訪問し、現地高校生の熱烈な歓迎をうけ学校交流を楽しみました。ここでは、課題研究のプレゼンテーション発表を行いました。午後は大阪医大と提携する台北医学大学を訪問し、台湾公衆衛生の講義を聴講しました。

2月27日(水)

午前、国立台湾大学を訪問し、蔡坤憲先生の講義 “Global Health and Vector borne Infectious Disease”(グローバルヘルスと病原菌媒介生物が媒介する感染症)を聴講し、高槻高校の代表3班が課題研究の発表をし、大学教授から講評をいただきました。(この様子は台湾大学のホームページにも紹介されました。)午後は、王鼎精密股份有限公司を訪問し、時計企業での研修を行いました。

2月28日(木)

研修の最終日、この日は台湾の祝日(228事件を記念した祝日、みなさん調べてみてください)で、午前中に忠烈祠参拝、故宮博物院見学、龍山寺参拝などの観光を行い、午後、関西国際空港に帰国し、解団式ののち解散しました。