高2生が学会(SI2018)で研究発表(SSH課題研究)

12月13日から15日の3日間、大阪工業大学梅田キャンパスにて計測自動制御学会システムインテグレーション部門( https://www.sice-si.org/conf/si2018/ )が開催されました。1200名以上の研究者・開発者が集い、800を超える研究論文が発表される大変規模の大きな学会でした。ロボット制御やIoT,AIの活用など、最先端の技術開発について活発な交流が行われました。

15日の高校生セッションで発表した論文のタイトルは以下の2つです。どちらも、高校2年生のSSH課題研究として取り組んできたものです。

  1. 「機械学習によるウイルスゲノムの自動注釈付けシステムの構築」 ※大阪医科大学微生物学教室と高大連携
  2. 「LEGOMindStormEV3を用いた宇宙エレベーターの取り組み」

ポスターセッションでは多くの研究者の方々が興味を持たれ、専門的な質問にもしっかりと答え、高い評価を得ることができました。