3月24日、本校にて平成29年度グローバルサイエンスフォーラムを開催しました。

第1部は京都工芸繊維大の小原仁実教授による基調講演「バイオマスの新規利用システムについて」、続いて岡久陽子先生の「タイのバイオマスから製造したセルロースナノファイバー」の講演をいただき、第2部は生徒達のポスターセッションが新しいサイエンスストリートで繰り広げられました。

大阪府内の私立高校10校あまりの生徒と先生が自分達の研究発表を行いました。大阪大学の高大接続を受け持つ先生や京都大学入試課の高大接続担当の方をはじめ10名あまりの大学の先生方の前でしっかりと説明ができていたようです。参加していただいた皆さんに感謝します。また今後もこのような高校生の集える機会を設けたいと思っています。