SSセミナー「理科研究の進め方とデータ処理」

高校2年GSコースでは、6月24日(水)と26日(金)に、京都大学大学院農学研究科育種学研究室の奥本裕教授をお招きして、SSセミナー「理科研究の進め方とデータ処理」を実施しました。

その中で、研究を進めるにあたって大事なポイントを3つ教えていただきました。 その生物(事象)の何が知りたいのか? どんなことが分かっていないのか? 答えを出すのに必要なことは何か?

また、現在始めつつあるグループ研究の一つ一つに対して、コメントやアドバイスをいただきました。これを聞いた生徒たちがどんどん研究を進め、1年半後、京都大学に数多く進学してくれたらいいなと思いました。奥本先生、2日間ありがとうございました。