2022年度「基礎医学講座」第4回

  • 2022年9月22日(木)16:00~17:30
  • 大阪医科薬科大学医学部生理学教室 教授 小野富三人 先生
  • 「神経のはたらき」

目、耳、運動という、神経系の講義をしてくださいました。実際に自分で体験してみるミニ実験がたくさんあり、楽しく理解することができました。

受講生の感想

  • 生理学自体、何なのかあまり分かっていなかったのですが、体験を交えて講義をしていただいたおかげですごく楽しく身近に感じられました。また、先生のこれまでの経歴についてのお話も聞けてとてもためになりました。本日はご講演ありがとうございました。
  • 盲点の実験はとても楽しかったです。聞いたことはあったのですが、実際にやってみたのは初めてだったので、良い経験になりました。ありがとうございました。
  • 解説がとても丁寧で、ちょっと入ってくる実験のようなものも面白かったです。スライドも身やすくて、分かりやすかったです。久々に講義を楽しいと感じることができました。ありがとうございました。
  • とても興味深い講演をありがとうございました。寝ようと思っても眠れないのは寝ようとすると興奮するからなのかなと思いました。いっそのこと有毛細胞の特性を利用して安全なジェットコースターを作ったらいいと思いました。錯覚は盲点などを利用したものだと知り、自分を鏡で見ているとかっこよく見える理由が気になりました。
  • 今まで医学部といったら病気について勉強研究するイメージが大きかったけど、正常な生体について学ぶというのは新しい視点でとても新鮮でした。たしかに、正常なものについてまず知らないと、どこが異常なのかわからないと思ったし、身近なことが多くてとても面白かったです。もっと、身体のいろいろな仕組みについて知りたいなと思いました。本日は講演ありがとうございました。
  • 今日は、今までとは違って個人でミニ実験をしたり、音を聞いたりしてとても楽しかったです。筋肉や細胞など知らないことが多かった中、最後の筋肉(遅筋、速筋)は知っていたので、嬉しかったです。本日はすてきな講演をありがとうございました。
  • 自分たちで動いて楽しめる授業だったので面白かったです。眼の錯覚で黒い点が緑になったのがすごいと思いました。ありがとうございました。
  • 生理学というものは前から名前はニュースなどで聞いていましたが、どんなものなのかは知らずに今回の講演
  • でどんなものかを理解することができました。先生のおっしゃられたことはとても興味深く、日常生活に関わりのあることも多くとても面白かったです。
  • めちゃくちゃおもしろかったです!!
  • 錯覚の画像や盲点の説明で紙を使用していたため、とても分かりやすく面白かったです。普段何気なくしている動作も脳が一回一回指令していると思うと、とても関心がわきました。
  • 小野先生の使う資料は英語表記のものが多く、もっと英語を勉強しようと思いました。最初は知っていることが多かったのですが、だんだん知らないことが増えたので、いろいろなことをもっと知っていきたいなと思いました。ありがとうございました。
  • とても分かりやすくて聞いていて楽しかったです。我々高校生でも理解できるようなプレゼンの仕方は私も見習いたいと思いました。ありがとうございました。
  • 錯覚の話が特に面白かったです。最近、錐体細胞が4種類ある人がいるみたいな話を本で読んで、その人たちの世界を検索するのにはまっていたので、すごく興味深かったです。
  • すごく面白い講演をありがとうございました。神経は理屈で成り立っているものという認識だったのですが、錯覚を起こしたり、無意識的に補填したりするということを知り、興味を持ちました。遅筋と速筋の割合が人によって異なると聞いて、陸上部で短距離が速くなりたいと思っているので、自分の割合をすごく知りたくなりました。家に帰ったらわかる方法を調べてみようと思います。