令和2年度「基礎薬学講座」第1回

 10月2日(金)放課後、令和2年度の基礎薬学講座がスタートしました。

 今年は、COVID-19の影響で、オンデマンド方式で3回実施となりました。医歯薬系人気、そして、テレビのドラマの影響もあるのでしょうね、今回の基礎薬学講座の受講生は昨年より大幅に増え、68名でした。

 第1回の講師は大阪薬科大学臨床薬学教育センター 内田まやこ先生で、テーマは「薬剤師の仕事~がん化学療法における口内炎の副作用管理~」でした。

 先生ご自身が経験されてきた病院薬剤師さんのお仕事を中心にわかりやすく授業をしていただきました。

 聞き取りやすかったとか、いろいろな薬剤師の仕事がわかってよかったとか、薬学部を目指す意欲が高まったという声が多かったです。

生徒の感想
中2
  • 自分が思っていた以上に薬剤師は考えることが多く、たいへんだと思った。今まで以上に興味を持てた。
  • 今回は動画での講義となってしまいましたが、わざわざ今回のために動画を作成していただき、ありがとうございました。口内炎は私達にも起こる可能性のあることなので聞きやすかったです。私は病院薬剤師についてはあまり知らなかったので、病院薬剤師の仕事の種類の話も紹介していただけ、とても興味深かったです。
  • とても勉強になりました。がん患者さんにとって安心できる安全な薬を選ぶのは難しそうですが、それができれば患者さんの負担は大きく減ると思いました。
  • 本日は私達のために素晴らしい講座をしてくださり、ありがとうございました。私は将来、医療・薬学に関する仕事に就きたいと思っています。今回、先生のお話を聞いて薬剤師は患者さんのためにお薬を作るだけでなく、チーム医療で患者さんを助けているのだと分かりました。とても興味が持てる、役に立つお話でした。
  • 時々口内炎ができることがあるので、日ごろから予防できるということを知って、びっくりしました。口内炎は感染症の発症と関係しているとは思っていなかったので、とても驚きました。とても分かりやすかったです。ありがとうございました。
  • がん化学療法によって口内炎の副作用が起こると初めて知りました。口内炎の予防には、歯磨きやうがいなどの口腔ケアが非常に重要だと分かりました。
  • 抗がん薬で発現する副作用がそんなにも沢山あるとは知りませんでした。私は少し前まで口内炎がとてもできやすかったので、口内炎の予防のための口腔ケアにもっと真剣に取り組もうと思いました。分かりやすいビデオ、ありがとうございました。
  • 資料があったので分かりやすいかった。説明が分かりやすくてあまり薬学を知らない私でも理解しやすかった。女性の方が口内炎が起こりやすいと聞いて驚いた。口腔ケアで口内炎は予防できると書いてあったので、もっとしっかりしようと思う。
  • 薬剤師という仕事にあまり興味はありませんでしたが、将来の夢が決まっていないので、選択肢を増やすために受講しました。少しですが関心を持てました。「チーム医療」というのが印象的でした。それぞれの分野で活躍する方たちがチームとなって患者さんと向き合うのはすてきだなと思いました。ありがとうございました。
  • 私は将来、研究医になりたいと思っています。今は化学や生物の知識が乏しいので、これからもっと頑張りたいと思います。将来、お会いすることがありましたらよろしくお願いします。本日はありがとうございました。
  • 私は薬剤師の仕事にもともと興味を持っていました。患者さんの症状を把握してお薬や治療法を出すのはかなりの知識が必要だと思いますが、その分、病気が治ったときの達成感は大きいだろうと思いました。私には情報を伝えるコミュニケーション能力がまだ足りないように思うので、これからの学校生活の中で身につけられればと思います。お話ありがとうございました。
  • 病院薬剤師になろうかなと考えているので、今日この薬学講座を聞いて、より一層興味が増しました。またこのような機会があればお話を聞きたいです。
  • 今まで薬剤師の仕事があまり分かっていませんでしたが、病院内で働く薬剤師の仕事が多くあって驚きました。昨年の講座にも参加していましたが、今年はより詳しく理解することができました。ありがとうございました。
中3
  • 私は今まであまり薬剤師という職業について知らなかったのですが、今回の講義を聞いて薬剤師に興味を持ちました。重い病気を抱える患者さんやそのご家族に対する説明も薬剤師の方が行うと知り、驚きましたが、薬剤師の方が丁寧に説明してくださることで安心して治療を受けることができるのだなと思いました。分かりやすい講義をしていただき、ありがとうございました。
  • 口内炎の予防や治療について知ることができ、おもしろかったです。学校の授業では学べない内容だったので、大変貴重な経験になりました。ありがとうございました。
  • 私たちにとっても身近な存在である口内炎ががん患者の方々にとっては恐ろしいものであるのだと知りとても驚いた。薬剤師の仕事は医師の指示に従い、薬を処方するだけであると思っていたが、他にも多くの仕事があり、患者にとってかけがえのない存在であると知り、尊敬の念を持った。
  • 私は将来、小児科医になりたく、今回の講義を聞いたことで、医師や薬剤師の仕事がどれだけ深く関係しているのか、よく理解できました。難しい言葉などもありましたが、とてもやりがいのある仕事だなとわかり、とても感心しました。今日はありがとうございました。
  • 口内炎が感染症にかかるリスクを高めると知りませんでした。このようなことを分かりやすく患者さんに伝えたり、医師などとの連携が大切だと分かりました。
  • 今までは薬剤師といわれても薬を扱っている仕事というくらいしか分からなかったけど、薬剤師の中でも様々な種類があり、患者さんのために様々な工夫を凝らしていることを知りました。今回知ったのは一部だけだと思うので、もっと薬剤師について深く知りたいと思いました。
  • 私は前から薬学部に入りたいと思っていたのですが、さらに薬学への関心が湧いた気がします。基礎知識がそこまでないので、少しわからなかった部分もありますが、これからもっと知っていきたいと思います。ありがとうございました。
  • たった一つの病名のために何個もの注意点が必要ということが分かった。仲間との情報共有やチームワークの大切さが強調されていて、理解しやすかった。資格取得後も個々で勉強したり、新しい情報を共有したりしていて、大変そうだと思った。
高1
  • 様々な分野の先生方が関わっていることを知って、とても面白い現場だと思いました。薬剤師は、薬だけではなく、患者さんとのかかわりが深い職業なんだなぁと思いました。興味深いお話、ありがとうございました。
  • 大変興味深い講義をありがとうございました。去年も同じ講義を受けたのですが、2回目だったからか内容が頭に入りやすく、余裕をもって聞くことができました。質問に答えていただけるとありがたいです。
  • 口内炎が発生するのを細かく調べて、感染症にかかりやすいなど、最悪の事態まで考えていてすごいと思った。たかが口内炎とは思えないと思った。
  • もともと私は製薬会社に興味を持っている上、母が病院薬剤師なので、とても身近な話として聞くことができました。薬剤師について何から何まで丁寧に教えてくださり、より薬剤師という仕事の難しさを実感しました。今回、「口内炎」という副作用についてのお話をしてくださりましたが、まず、抗がん薬の「副作用」という中に口内炎があることにまず驚きました。口内炎が副作用であるイメージがあまりなかったので、とても新鮮な気持ちで聞くことができました。本日は貴重なご講演をありがとうございました。
  • ご講演ありがとうございました。薬学部と医学部でとても迷っているので、薬剤師の仕事を知れた良い機会になりました。ありがとうございました。
  • 今日はご講演ありがとうございました。今年、「アンサング・シンデレラ」というドラマを見て、薬剤師に興味を持ちました。薬剤師は調剤などの他にも、患者さんに寄り添うような様々な仕事があると分かりました。薬学部目指して頑張ります。
高2
  • 講義ありがとうございました。大変分かりやすく説明していただき、このような講義に出席できてよかったと思っています。薬学部に最近興味を持ち始め。この講義に参加してさらに意欲が増したように思います。なるためのことも知れたので、これからもたくさんいろいろなことを知っていこうと思います。
  • 口内炎という身近なものでも炎症が強くなれば生活もままならなくなることがあるというのは驚いた。サイトカインなど生物の授業で習ったことが出てきたので、生物と医療の関係性は強いなと思った。