第5期 スタンフォード大学オンライン講座 終了

 今年度で第5期となる本校とスタンフォード大学国際異文化教育プログラム(SPICE)[代表:Gary Mukai 博士]が共同で開講する講座 スタンフォード大学オンライン講座が、3月13日に第8回のVC(バーチャルクラス)を行い、約半年に及ぶ全プログラムを無事終了しました。新型コロナウイルス感染防止のため臨時休校の期間ではありますが、感染防止対策(マスク、手指消毒、換気などに)に十分に気を付けて実施しました。

 受講生は同大学の研究者によるグローバルな研究を通じて、グローバルヘルスの必要性や重要性を学びましたが、今回はこれまでのVCの中で一番印象に残っているものについてプレゼンを行うものでした。それも評価に加えられ、これまでの課題提出の成績を総合して、最終的には一定基準をクリアーした生徒34名が修了証を学校長より授与されました。この修了証はスタンフォード大学から贈られるもので、スタンフォード大学のロゴと本校の校章がついています。これを手にした生徒諸君は、この講座をやり抜いたという達成感に満足していました。また、その日には授与されなかったが条件をクリアーした生徒については、新年度になってから授与する予定です。

2019年度 VC(ヴァーチャルクラス)日程と内容 

校内オリエンテーション

  • 2019年9月26日(木) 
  • 受講心得、評価、講義予定などについてオリエンテーションを行う

1回VC

  • 2019年9月28日(土)
  • 講 師:Sabrina Ishimatsu オンライン講座担当講師
  • テーマ:『コースガイダンス』

第2回VC

  • 2019年10月5日(土)
  • 講 師: スタンフォード大学 客員研究員 Phyu Thin Zaw先生
  • テーマ:『Maternal Health and Poverty (母親の健康と貧困)』

第3回VC

  • 2019年11月2日(土)
  • 講 師:スタンフォード大学臨床学教授 Nancy Morioka-Douglas先生
  • テーマ:『Asian American and Pacific Islander Health Disparities (アジア系アメリカ人と太平洋諸島住民との健康格差)』

第4回VC

  • 2019年11月16日(土)
  • 講 師:スタンフォード大学 医学センター准教授 Phillip Yang 先生(心臓血管内科)
  • テーマ:『Stem Cells Research(肝細胞研究)』

第5回VC

  • 2019年12月14日(土)
  • 講 師:スタンフォード大学 臨時臨床指導医 Mari Ormiston先生
  • テーマ:『Global Mental Health(世界の心の健康)』

第6回VC

  • 2020年1月11日(土)
  • 講 師: スタンフォード大学リサーチアソシエイト Fumiaki Ikeno先生
  • テーマ:『Entrepreneurship of Medical Devices (医療機器をめぐる起業) 』

第7回VC

  • 2020年2月22日(土)
  • 講 師:スタンフォード大学 小児科教授 Paul Wise 先生 
  • テーマ:『Child Malnutrition and the Guatemala Rural Child Health and Nutrition Program(子供の栄養不良とガテマラの地方の子供の健康と栄養摂取プログラム)』

第8回VC

  • 2020年3月13日(金)
  • 講 師:SPICEディレクター Gary Mukai 博士、Sabrina Ishimatsu オンライン講座担当講師
  • テーマ:『総括と修了証の授与』