令和元年度 SGH事業公開発表会

 2月22日(土)に本年度のSGH事業公開発表会が、全国から4校・1団体、計7名の先生方の参加を得て、行われました。

 第1部において、日頃の研究成果等を英語で発表しました。中学3年から3名が「グローバルセミナーから学んだこと」をテーマに、高校1年からは2グループが課題研究を、高校2年からは1グループが課題研究と1グループがパラオフィールドワーク研修報告を日本語で行いました。どのグループも分かり易いスライドを作製し説得力のあるプレゼンテーションとなりました。

 ポスターセッションでは高校1年生の8作品、高校2年生の41作品が掲示され、3グル-プに分けて発表と質疑応答を行いました。研究内容をポスターにまとめる際に、その内容と視覚的効果の工夫されているところに多くの見学者が集まりました。

 第2部は本校が独自にスタンフォード大学と提携をして行っているオンライン講座を公開しました。今回はスタンフォード大学小児科教授 Paul Wise 氏による「グアテマラ山村地区における子供の健康・栄養プログラム」についてオンライン授業を受けました。グローバルに活躍されている研究者の方々からの講義を聞き、質疑応答を重ねて理解を深めていくハイレベルの学びを体験している生徒の様子を見学者の方々にご覧いただきました。