医系をめざす女子生徒のための座談会

大阪医科大学附属病院の西本聡美先生(内科)と愛仁会高槻病院の岩渕瀬怜奈先生(外科)をお招きし、中学3年生対象にSSHの経験と女性の進路について考える座談会を開催しました。SSHの課題研究と生徒研究発表会、大学入試、医学部での生活、女性医師としての生活などSSHの先輩としてのお話で大いに盛り上がりました。

(生徒感想)

  • 大学などの話だけでなく、医師という職業について改めて知ることができました。私もいつか絶対医師になって先生にお会いしたいです。
  • 今回、話をしてくれたお二方とも、すごく女性とてすてきな人だと思った。医者という生命を扱うやりがいのある仕事についているというのもかっこいい。SSHや学習なども一つ一つ丁寧に「きちんと」やっていたのだなと思いrespectした。今回でまた、小児外科医になりたい気持ちが強まりました。貴重なお話ありがとうございました。
  • とても質問しやすかったです。回答もすごくわかりやすく、話も面白かったです。親身に語ってくださり、ありがとうございました。
  • 高校、大学、仕事の話など、参考になることがたくさんありました。医学部の受験や国家試験は大変そうだけれど、人の命を救える仕事はすごくやりがいがあるとわかりました。普段は聞けない貴重なお話を聞くことができました。ありがとうございました。