[9] 看護実習の校長講話

 大阪医科大学との法人合併後、様々な高大連携活動が行われ、本校生は多々医大の先生方から指導を受ける機会を頂いています。一方で、本校は看護学部の学生さんの実習(小児看護実習)を年に4〜5回、受け入れています。対応はすべて養護の先生方にお願いしていますが、本年度1回目の実習が9月10日・11日の日程で行われました。本日5限は校長講話という時間割で私から6名の看護学部の学生さんに、本校の紹介・教育の特色、仕事との向き合い方、医療人や教員に求められること、学校保健等についてお話をしました。