高槻中学校・高等学校公式webサイト

高大連携

大阪医科大学・大阪薬科大学との連携を活かして

 

本校は、学校法人大阪医科薬科大学により運営されており、同一法人である大阪医科大学・大阪薬科大学と連携した教育プログラムを多数実施しています。同じ法人内での連携は、通常の高大連携よりも手厚く細やかなコラボレーションを可能にし、多くのメリットをもたらしています。

最先端医学教室(大阪医科大学)

大阪医科大学の教員兼現役医師の先生をお招きし、実際に取り組んでおられる最先端の医学研究について学びます。医療技術のみでなく、時には医師としてのプロ意識、倫理観を教えていただけることも。「医師を目指す」とはどういうことか、確かなキャリア観の醸成にもつながることでしょう。

メディカルサイエンストレーニング(大阪医科大学)

医療技術実習です。大学の教員や医学生のご協力のもと、実際に聴診器で心音を聞いてみたり、縫合などの実習に参加したり、現場だからこそできる貴重な医療体験に触れます。ご指導いただくのは、いずれも医療各分野のスペシャリストの先生方ばかりで、「現場」の貴重なお話を聴くことができます。

基礎医学講座(大阪医科大学)

医学部進学希望者向けに開催する、全8回の医学講義(各90分)。ラインナップは解剖学、生理学、生化学、薬理学、微生物学、法医学、衛生学・公衆衛生学、病理学。医学知識を深めるだけでなく、これをきっかけに医学への道を志す生徒もいるなど、進路選択のきっかけともなっています。

サマーサイエンスプログラム(大阪薬科大学)

全5日間の実験講座。大阪薬科大学の先生方の手厚い手引きのもと、自らのDNA採取や、細胞組織の観察など、高度な実験に取り組みます。本校で事前講義に参加した上で、大学の実験室での実習に参加、さらに成果や学びをレポートにまとめて提出するほか、発表まで行う本格的なプログラムです。

基礎薬学講座(大阪薬科大学)

本校の実験室・講義室を使って、大阪薬科大学の先生から薬学に関する70分間の講義を5回にわたって受講します。2018年度は薬理分野、薬剤分野、衛生分野、化学・生物分野、医療分野などの内容です。異なる講義に4回以上参加した生徒には、学長名の修了証を授与します。

その他の大学・研究機関との連携、聴講

大阪工業大学との連携

大阪工業大学梅田キャンパスで、同大学ロボティクス&デザイン工学部の先生より、汎用プログラミング言語や基本的なロボット製作・制御を学びます。

大阪大学公開講座

大阪大学が公開する、講義を実際に受講できるプログラムです。同大キャンパスで約半年にわたって連続受講する仕組みで、修了者には単位と証書が授与されます。

スタンフォード大学オンライン講座

グローバルヘルスをテーマに、アメリカの名門大学・スタンフォード大学と本校が共同でオンラインプログラムを開発。講義は全8回、すべて英語で実施します。

 

PAGETOP