高槻中学校・高等学校公式webサイト

クラブ活動に関する活動方針

本校では下記のとおり「クラブ活動に関する活動方針」を定め、部活動を運営しております。この度、文部科学省・スポーツ庁・文化庁の連名で通知された「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」(H30.3.19 文化部にも準用)の趣旨を踏まえ、これを公表することにしました。引き続き本校のクラブ活動にご理解・ご協力をお願いいたします。

クラブ活動に関する活動方針

位置づけ

  1. クラブ活動は学校の教育活動の一環として実施する。
  2. 学業を第一とし、その上で自主的な活動としてクラブ活動を行うものとする。

目 的

「知・徳・体」の調和の取れた人物の育成に寄与する

目 標

主体的に行動する力、コミュニケーション力、コラボレーション力(チームワーク)、生涯にわたって心身の健康を保ち充実した生活を築いていこうとする態度を身につける。

クラブ活動の時間

① 学期中の週あたりの総活動時間を10時間以内とする。

  • ただし、主要公式戦(年間2大会迄)の2週間前に限り、届を提出したクラブは総時間13時間以内の活動を許可する。
  • 顧問が把握していない自主練習は認めない。自主練習は総活動時間に含まない。

② 午後6時下校の厳守

片付け・清掃・着替え等の時間を考慮して活動を終え、午後6時までに下校を完了すること。

③ 中学1年生のクラブ活動について

1学期末考査までの活動は、午後5時までとする。また、1学期中間考査までは、朝練、休日の練習・試合への参加は不可とする。

クラブ顧問

各クラブに2名以上の顧問をおく。

「クラブ活動届」の提出

  1. 各クラブの顧問は年度始めに「クラブ活動届」を校長に提出する。
  2. 「クラブ活動届」には、生徒代表、部員数、活動日・時間、参加する大会等を記すこと。

休養日の確保

  1. 生徒のバランスのとれた生活と成長の観点から休養日を設ける。
  2. 練習試合や大会への参加など休日に活動する必要がある場合は、休養日を他の曜日で確保する。
  3. 休日の練習は、特に必要な場合を除き行わない。

長期休暇中のクラブ活動について

各クラブは事前に、長期休暇中の活動予定を校長に届け出ること。

クラブ合宿について

夏休みにクラブ合宿を行う場合は、クラブ合宿期間内に行うものとする。春休みにクラブ合宿を行う場合は、学年末補習の期間を考慮して実施計画を立てるものとする。

PAGETOP