同窓生の皆さまへ 〜高槻中学校・高等学校 次世代教育推進基金について〜

 謹啓 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。日頃より同窓会活動ならびに本校の教育活動にご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 ご承知のように、本校は、1940年10月、中学校設立を求める北摂地域の人々の期待に応えんと、大阪高等医学専門学校(現大阪医科大学)や地域の有力者が尽力され、当時の文部省から旧制中学校の設置認可を受けたことにその歴史が始まります。教育内容は初代校長吉川昇先生に託され、先生のリーダーシップの下、六ヵ年一貫教育を特色とし、国家・社会を担う人物の育成を建学の精神と掲げる教育活動が歩み出しました。爾来、本校を巣立った一万五千名の同窓諸兄の国内外でのご活躍は本校の大きな誇りであり、現役の生徒にとっても大きな励みとなっています。

 時は流れ、来年2020年は学校創立80周年の記念すべき年にあたります。本校は創立70周年を機に、少子化をはじめ私立学校を取り巻く厳しい環境にも耐え、時代を先取りする私立学校たらんと教育内容の抜本的な見直しを開始し、建学の精神の延長線上に「次世代グローバルリーダーの育成」をスクールミッションと定めました。さらに、2014年と2016年に、学校法人大阪医科大学、学校法人大阪薬科大学との法人合併を経たことから、「実効性あるグローバル教育」と両大学との強固な高大連携に基づく「先端的理科教育」を特色教育の二軸として、他の学校と明確な差別化を図り、私立では数少ない文科省のカリキュラム開発指定校(SGH,SSH)に選ばれました。また、一昨年度の中学1年から女子生徒の入学を受け入れ、今年度、中学全学年が共学となりました。そして、上記特色教育を十分に推進できる教育環境を整えるべく、2015年より5カ年のキャンパス整備事業を進め、創立80年となる来春にいよいよ完成の運びとなっています。

 本校が今後も益々魅力あふれる私立学校であり続けるためには、今後も尚一層充実した教育環境の整備や優秀な教員の確保に努めねばなりません。そのため、この度、創立80周年を機に「高槻中学校・高等学校 次世代教育推進基金」を設立することとなりました。詳細は、パンフレットもしくはホームページをご覧ください。

 昨今の厳しい経済事情の中、また時節柄、何かとご出費の多い折から誠に恐縮に存じますが、同窓の皆様の温かいご理解とご支援を賜りますよう、衷心よりお願い申し上げます。

謹白

 2019(令和元)年8月吉日

高槻中学校・高槻高等学校
校 長  工 藤   剛

募金に関する資料のご請求、お問合せ

学校法人大阪医科薬科大学
高槻中学校・高等学校 事務部
〒569-8505 大阪府高槻市沢良木町2番5号
電話 072-671-0001
(月~金:9時~16時、土:9時~12時、日・祝と盆・年末年始休業)

寄付金の募集にご賛同いただきました皆様方の個人情報は、学校法人大阪医科薬科大学が適切かつ厳重に管理し、寄付金の事務処理、刊行物・ホームページへの掲載で使用する以外は一切使用いたしません。