コロナ感染防止対策とクラブ活動の自粛について

2021年4月17日

生 徒 諸 君
保護者各位

高槻中学校・高槻高等学校
校長 工 藤  剛

コロナ感染防止対策とクラブ活動の自粛について

 報道等でご承知の通り、大阪府下の新型コロナウイルスによる感染者数は急激に増えており、一層厳重な感染防止対策をとらねばなりません。本校としては、すでに4月9日より4月24日までの間、すべてのクラブ活動を自粛し、完全下校時刻を最終校時終了の1時間後とする対応をしてきましたが、大阪府教育庁私学課から4月15日付で新たな通知があり、これに基づき、この措置を5月5日まで延長することとします。運動クラブの公式戦についても、上記の期間、学校としては不参加を原則とします。府の通知では、

〇部活動について

 ・原則休止とする。

 ※ただし、公式大会への出場等、学校が必要があると判断する場合は、感染防止対策を徹底したうえで、活動時間を短縮して実施する。この場合でも、「感染リスクの高い活動」は実施しない。

とされており、「感染リスクの高い活動」としては、体育における「生徒が密集する運動や近距離で組み合ったり接触したりする運動」が挙げられています。よって、スポーツ自体が「生徒が密集する運動や近距離で組み合ったり接触したりする運動」に該当する場合、学校としては、大会運営における感染対策の如何にかかわらず、そのスポーツを行う公式大会への参加を見合わせることにします。

 ただし、府教育庁より同日発出された文書「府立学校における今後の教育活動等について」の「体育の授業実施上の留意点」の項に「可能な限り屋外で実施する。屋内で実施する必要がある場合は、特に呼気が激しくなるような運動は避ける」、「集団で行う活動は避け、なるべく個人で行う活動とし、特定の少人数(2~3人程度)での活動を実施する際は十分な距離を空ける」との記載があること、さらに同文書の「部活動」の項に「十分な感染症対策が講じられている公式な大会やコンクール等については、主催者による感染症対策を確認の上、参加することも差し支えない。」との記載があることから、「感染リスクの高い活動」に該当しない個人による屋外でのスポーツで、かつ大会運営において十分な感染症対策が講じられている場合、次年度の機会のない高校3年生に限り、学校として、保護者の承諾の上で参加を認める場合があることを合わせて申し添えます。

 以上、部活に汗してがんばってきた諸君にお伝えするのは誠に心苦しい内容ですが、何とぞご理解のほど、お願い申し上げます。