いじめは、いじめを受けた生徒の内面を深く傷つけるだけでなく、その心身の健全な成長や人格の形成に重大な影響を与える人権問題である。

本方針は「知・徳・体」の調和のとれた、人物の育成という教育理念の下、生徒一人ひとりが人格的な尊厳を保持し、安心して学校内外での生活を送るために、学校・家庭・その他の関係者が連携し、いじめの防止のための対策を総合的かつ効果的に推進するために策定するものである。