SSセミナー「第5回 大阪医科大学 最先端医学教室」

「最先端医学教室」は、医学の最先端で研究を進めながら医療の最前線で患者さんと向き合っておられる大阪医科大学の先生から、研究や仕事の内容、人生哲学を聴くことを通して、生徒自身が自分の将来について考えることを目的とした大阪医科大学との高大連携プログラムです。

今年度は、1月17日(木)、中学2年生を対象に実施し、テーマは「医師のミッションと再生医療」でした。

医学部を目指すにあたって覚悟しておかなければいけないこと、入学後の進路などを紹介していただき、その後は、脂肪細胞の幹細胞を利用した再生医療について説明していただきました。

生徒たちは、難治性疾患をも治す可能性を秘めた最先端の再生医療を学んだだけでなく、医師になるうえでの心構えや社会に貢献する意識の大切さなどを学んだと思います。