高槻中学校・高等学校公式webサイト

保健室から

出席停止について

学校で感染が拡大しやすい主な疾患は下表のとおりです。

感染した場合は治療に専念するとともに、学校内での流行予防の観点から出席を停止する必要がありますので、必ず報告してください。

医師の診断により登校が可能になりましたら「生徒生活のしおり」綴じ込みの出席停止報告書、もしくは診断書を提出してください。

出席停止報告書はコチラからPDFをダウンロードできます。

疾患流行期の医療機関の混雑等で、医師に報告書記入を断られるなどやむを得ない場合は、保護者記入欄のみ記入して提出してください。

学校において予防すべき主な感染症とその出席停止期間の基準

病名 出席停止期間の基準
インフルエンザ 発症後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するか、5日間の抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎 耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫れが出た後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで
風しん 発疹が消失するまで
水痘 全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状が消退した後2日を経過するまで
髄膜炎菌性髄膜炎 病状により学校医その他の医師において伝染の恐れがないと認めるまで
結核
第三種感染症
腸管出血性大腸菌感染症
流行性角結膜炎 など
PAGETOP